« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

家庭でできる!生ごみ堆肥化・リサイクル講習会

3月26日(木)エポック中原で「家庭でできる!生ごみ堆肥化・リサイクル講習会」が開催されます。

詳細は以下でご確認ください。

  http://www.city.kawasaki.jp/event/info2595/index.html

ご参考までに1月14日、15日には以下のようなコメントをいただいております。

☆ 昨年自治会のお世話で、生ごみ処理器を購入しましたお陰で、暮れから新年にかけて、ごみ処理が大変楽でした。集積所の軽減にお役に立てたかしら。 お世話くださいました方に感謝します。これからも宜しくお願いいたします。m(_ _)m

☆ 生ごみ処理機の威力を感じていただき嬉しい。 川崎市も生ごみ収集を週3回から週2回になるかもしれませんので、今後はますます恩恵が大きくなると思いますよ。(._.)アリガト

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

消火栓ホース接続講習会開催

菅生台自主防災組織として購入してあった、消火栓接続機器の取り扱いについて、宮前消防署風間菅生出張所長ほか3名の方にお越し頂き、20名以上の参加者のもと暖かい陽気の中で開催されました。

風間所長のお話では、菅生台自治会の中には、30か所以上の消火栓があり、また、第三・第四公園には貯水槽まで確保されており非常に恵まれた環境にあるとのことでした。

消火栓のの蓋をあけることなどめったいない体験で、放水接続口が濁っていることや、油が浮いているのを確認し、当自治会が今のところこれのご厄介になっていない幸せを感じました。

以下に本日の講習会の様子を写真でご紹介いたします。

Keijou1_3 丸型消火栓

Keijou0_2 角型消火栓

Kousyuukai1_3 風間所長の講話を聴く参加者

Kousyuukai0_3 消火器接続部品の入った移動式ケースと消火ホース

Kousyuukai2_2 消火栓の蓋をあける

Kousyuukai9 濁っている水

Kousyuukai3_4 消火栓を開ける事前練習

Kousyuukai4_4 ホースの接続

Kousyuukai5_2 放水を見守る

Kousyuukai6_3 放水開始

Kousyuukai7_2 放水後のホース格納

| | コメント (0)

タウンニュースに登場(菅生台自治会ブログで発信)2月13日

2月13日付きタウンニュースをご覧ください。

http://www.townnews.co.jp/020area_page/02_fri/01_miya/2009_1/02_13/miya_top2.html

丸山会長の写真入りで「自治会情報をブログで発信」との見出しで菅生台自治会が昨年8月開設したブログにて地域のイベント情報やサークル活動に加え、イベント実施報告、会議報告などが掲載され、住民からは「地域の”今”がわかる」と好評を得ているといった内容。特に丸山会長のお話として、

*自治会役員が各種イベントに参加や区役所会議に出席などの報告はあっても会議の中で得た情報が伝わってこないと言った意見が寄せられていた、行き着いたのがブログ。

*回覧板を読む時間がなくて回してしまっても後から確認できる。また活動報告も、皆が自分の言葉で知らせることができ、役員以外にも周知することが出来る。

*もっと読みやすく、わかり易くなど課題はあるも、アクセス数は一日30人ほど、読者から応援メッセージも頂いているのでこれからも続ける。

タウンニュースに上記掲載有難うございました。 

| | コメント (3)

2009年2月11日 (水)

稗原小パワーズ ペットボトルロケット競技会

1月に作ったペットボトルロケット、各自が工夫を加えて持参し、今日競技会が行われました。

元気のよいお父さんパワーが、ロケットに乗って子供たちに伝わっていったようです。

デザイン賞、飛距離賞がもうけられていましたが誰の手に渡ったのでしょうか?

詳しくは、近日中にパワーズホームページで発表されるでしょう。

   http://hiebarapowers.web.fc2.com/

会場風景の一部は下記写真でどうぞ。発射風景は残念ながら確保できませんでした。

Image307_2

Image309

Image310

Image313

Image307

| | コメント (0)

2009年2月 4日 (水)

菅生分館で「ゆるやかな気配り」活動紹介

菅生分館市民自主学級「この町で暮らし続けるために~高齢期を支えあう地域づくり~」で当自治会の活動について紹介を依頼され「ゆるやかな気配り」については丸山が、「ご近所サークル」については黒澤が発表してきました。

「鈴の会」の鈴木さんから「地域で何ができるのか?」の問い掛けで中学校区を中心に活動を広げていく必要があることの説明を受けたのち、当自治会の現状をお話しさせていただきました。

主な内容は、

 1.どうしてマップ作りをすることになったのか。

 2.マップを作ってわかってきたこと。

 3.見守りが必要と感じ「ゆるやかな気配り」会を立ち上げることになったこと。

 4.その後の見守りから、今後どうしていくかを検討していること。

 5.「ご近所サークル」ができ、近隣の方との意思疎通ができ、会話が増えてきたこと。

等などを紹介させていただき、黒澤から「ご近所サークル」の実践から得られたことを報告いたしました。

参加者からの質問では、

・個人情報についての取り扱い方?

・自治会員にならない人の理由は?

・自治会の中で同様なことを計画していて参考になった

   などがありました。

Kurosawa_3

ご近所サークルのことを話す黒澤

Tyoukousei_2 聞き入る参加者

 

| | コメント (1)

2009年2月 2日 (月)

自分の身体との付き合い方講座

菅生分館で「中高年の健康づくり 誰にもわかる運動生理学」講座が開かれました。

講師は、スポーツドクター 野田 晴彦さん、元川崎市の保健所所長さんです。

ユーモアたっぷりの講座に約80名の参加者がお話に納得して帰られました。

1.医療は「手あて」、福祉は「手だすけ」なら、  「保健は?」

   多摩川土手をジョギング中にひらめきました。  「手入れ」であると

  厚生省が作った言葉で「成人病」の意味するところは、「赤信号みんなで渡れば怖くない」

     「生活習慣病」は同意語であるが、「なったあなたが悪いのよ」だそうです。

2.生理学の基礎知識として、

  肺・心臓・血管 : 呼吸により、酸素を取り入れて、全身の末端まで血液を送り届ける役目

  肝臓・腎臓「要」 : 黙って体の安定(恒常性)を保たせる

   そのためには、アルコールはたしなむ程度にし、水分を多く取ろう

  神経・筋肉・骨 : 力を出し(出力)、力を支える。筋力をつけると骨も丈夫になる

3.体力づくり(体力の要素”体力テスト”)は

  心肺持久力(スタミナ)・・・・・6分間歩行(がむしゃらに歩かない)

  筋力(パワー)・・・・・握力(手すりにつかまった時、ギュッと3秒くらい握る)

  筋持久力(ねばり)・・・・・上体起こし(腹筋)

  調整力(スキル)・・・・・10m障害物歩行 足を高く上げて歩く

  平衡性(バランス)・・・・・開眼片足立ち 1日1分(骨盤の強化)

  柔軟性(ゆるさ)・・・・・長坐位前屈 足の指に届くように

○安全な運動として、

    余裕を持つ(頑張らない)

    正しい動きを心掛ける(より上手に)

    自分の身体の声を聞く(適度に)

○効果的な運動は

    効果的な休養

    必要十分な栄養(バランスの良い食事)

    長期的継続、出来ることの確認(週2回以上)

    調和を保った緩やかな体力縮小(毎日のラジオ体操)

楽しくやらないと体良くないし、仲間も増えないとのお話で締めくくられました。

Kousi 講師 野田先生

Sankasya_2 会場いっぱいの参加者

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »