« 第14回 ハートの会   自治会館にて | トップページ | 防犯・交通安全情報 »

2010年9月30日 (木)

廃棄物減量指導員 施設見学会

宮前区廃棄物減量指導員連絡協議会の施設見学会が29日にあり、当自治会より2名が参加してきました。

見学先は横須賀市の「リサイクルプラザ Aicle(アイクル)」と東京電力横浜火力発電所。

リサイクルプラザ Aicle(アイクル)では、缶・瓶・ペットボトル・紙類の資源循環型リサイクル施設で、1日に220トンを処理できる施設。

職員の説明では「ごみとしてではなく 資源として」出してくださいとのことでした。

例えば、1リットルの牛乳パック6枚でトイレットペーパー1巻

     2リットルペットボトル2本でワイシャツが1枚作れるとのこと。

11月23日にはリサイクル祭りが行われるとのことで、粗大ごみとして出された家具が修理されて入札方式で売り出されるそうです。(最低価格500円)

東京電力では、資源にやさしい火力発電に努めているとの話があり、館内施設見学後、生憎の曇り空で眺望はいま一つでしたが、地上200mの排気塔の180m地点の展望を楽しんできました。

100929_genryou_1          外観は豪華ホテルのような「アイクル」

100929_genryou_2           手作業により瓶を色別に選別する作業員の方たち

100929_genryou_3           缶類の中に混ざっていた金属類 中には中身の入っている缶詰もありました

100929_genryou_4           東京電力火力発電所で説明を受ける参加者100929_genryou_5

          地上180mからの眺望

|

« 第14回 ハートの会   自治会館にて | トップページ | 防犯・交通安全情報 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第14回 ハートの会   自治会館にて | トップページ | 防犯・交通安全情報 »